北海道銀行カードローンの審査研究ネット

北海道銀行のカードローンやその他の各種ローン商品について調査しました。また、北海道銀行を利用した方の体験談も紹介しています。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査は厳しいの?審査に落ちる人の特徴と通りやすくなるコツ

time 2016/12/14

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査は厳しいの?審査に落ちる人の特徴と通りやすくなるコツ

北海道銀行カードローン「ラピッド」を利用したいけれど、審査に通るか不安なあなた。

すでに他社から借り入れがあったり、年収が年代別平均よりも低かったりすると、審査に通るのか不安になってしまいますよね?

そこでこの記事では、北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査基準と、審査に通りやすくなるコツを紹介していきます。

審査が不安なあなた、この記事を参考にして無事審査に通過することを祈っています。

※本ページにはPRが含まれます。

目次

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査基準は?

審査する人

まずは北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査基準から一緒に学んでいきましょう。

北海道銀行の審査基準は公表されていない

北海道銀行の公式サイトを見ても、「ラピッド」の審査基準が明記されている部分はありません。

具体的にどんな人であれば審査に通って、どんな条件であればいくら借りることができるといった、明確な基準は提示されていないのです。

なぜならカードローンの審査は、時期や会社の状態によって大きく異なるからです。

たとえば業績の悪い時期であれば多少リスクのある顧客にも積極的に融資を行いますが、業績が安定している時期であれば、リスクを避けて貸し付け条件を厳しくする可能性が高いです。

カードローン審査における担当者の影響

そのため同じ条件の人たちでも、申し込んだタイミングによって、審査に通る人もいれば審査に落ちてしまう人が出てきます。

銀行の審査は厳格な基準が設けられているイメージがありますが、担当者の直感が審査結果に影響を与えることも少なくありません。

しかし審査基準が公表されていないからといって、ただ運に任せればいいわけでもありません。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込み条件や、過去の審査情報をもとに対策を練ることで、審査に通りやすくすることは可能なのです。

審査に通りやすくなるコツは、後半で詳しく解説していくので、次は北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込み条件を確認しましょう。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込み条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上75歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • 本人名義の携帯電話・固定電話を持っている方

北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込み条件は上記の通りです。

年齢条件を満たしており、安定した収入のある方であれば審査に通る見込みは高いです。

しかし安定した収入と言われても、具体的な年収が定義されているわけではないので、自分の収入で大丈夫なのか不安になってしまいますよね。

ご安心ください。北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査では、年収の金額ではなく、どれだけ継続してもらえるかの方が重要視されるのです。

北海道銀行カードローン「ラピッド」へ申し込む際の必要書類を知りたい方はこちら。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込みに必要な書類とは?

北海道銀行カードローン「ラピッド」は収入証明書なしで借りられるの?

「ラピッド」は年収の多さよりも安定性が大切

北海道銀行のカードローン「ラピッド」では、安定した収入のある会社員だけではなく、主婦やパート、アルバイトでも申し込むことができるようになっています。

年収が少なければ審査に落ちるというわけではなく、一定の収入さえあれば融資は受けられるようになっています。

※ただし、融資限度額は収入の多さによって増減します。

「ラピッド」では収入の多さよりも、どれだけ収入が安定しているかが重要視されます。

そのためアルバイトやパートの方でも半年以上継続して勤務している方なら、審査に通る見込みは高いです。

逆に会社員の方であっても、勤続年数が短ければ審査に落ちる可能性があるのでご注意ください。

たとえ年収が100万円を切っていても、継続的に給与を貰ている方であれば審査には通るのです。

しかし一定の年収があったとしても、信用情報に問題があれば審査には通りません。

信用情報とはこれまで利用してきた金融機関が共有している顧客情報で、返済を延滞したことがある方や、債務整理をしたことがある方は審査で不利になるので要注意です。

また北海道銀行カードローン「ラピット」では、北海道銀行の審査だけでなく、保証会社の審査にも通らなければなりません。

ここからは保証会社の仕組みや注意点について解説していきます。

保証会社は大手消費者金融アコム

北海道銀行のカードローン「ラピッド」では、保証会社として大手消費者金融のアコムを利用しています。

保証会社とは万が一顧客が返済できなかった際に、代わりに返済してくれる業者のことです。

銀行カードローンとしては、保証会社があることで安心して貸し付けが行えるというわけです。

しかしアコムからすると、誰でも保証していれば貸し倒れが続出して、損をしてしまいます。

そのため、北海道銀行のカードローン「ラピッド」へ申し込んだ際には、アコムの保証審査にも通過しなくてはいけません。

逆にアコムの審査に通過することができれば、北海道銀行のカードローン「ラピッド」の審査には通ったも同然です。

アコムは大手消費者金融の中で、最も審査通過率が高いので、そういった意味では「ラピッド」の審査基準はそこまで厳しくないといえるでしょう。

ただし、過去にアコムを利用していて、返済を延滞したことがある人は、審査で不利になってしまうのでご注意ください。

北海道銀行カードローンと、保証会社アコムについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の保証会社はアコム!審査に与える影響を徹底解説!

審査に通るか不安な方は「3秒診断」を活用しよう

北海道銀行の3秒診断

北海道銀行カードローンの審査に通るか不安な方は、北海道銀行公式サイトにある「3秒診断」を活用するといいでしょう。

「3秒診断」では年齢・性別・独身既婚・他社借り入れ状況を入力することで、わずか3秒で借り入れ可能かどうか診断してくれます。

あくまで診断なので、実際の借り入れ審査とは結果が異なることもありますが、審査に通るか不安な方は一度試してみるといいでしょう。

また3秒診断で引っ掛かってしまった場合、年齢が申し込み条件を満たしていないか、他社借り入れが多すぎることが考えられます。

本審査でも落ちてしまう可能性が高いので、一旦申し込むのを待って、審査対策を練ることをおすすめします。

銀行カードローンは全般的に審査が厳しい?

カードローンには大きく分けて「銀行系」と「ノンバンク系」の2種類あります。

銀行系とは主に銀行が運営するカードローンで、金利が低い代わりに審査基準が厳しくなっています。

一方ノンバンク系とは、消費者金融やクレジットカード会社が運営するカードローンで、金利が高い代わりに審査基準は甘めです。

「キャッシュピット」は北海道銀行が運営しているため、当然銀行系のカードローンに分類されます。

銀行系カードローンでは、自社での審査に加えて保証会社の審査もあるので、2つの工程を通過しなければなりません。

そのため銀行カードローンは審査が厳しいと言われているのです。

しかし実際には保証会社の審査に通りさえすれば、銀行カードローンの審査は高い確率で通過することができます。

貸し倒れになっても保証会社が代位弁済してくれるため、銀行側にはリスクがないからです。

そのためキャッシュピットも、保証会社であるアコムの審査に通りさえすれば、審査に通過できると考えていいでしょう。

銀行カードローンのメリット・デメリットはこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

銀行カードローンのメリットとデメリット!銀行を利用した方がいい人の特徴

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査に落ちる人の特徴

電話を嫌そうにみる男性

ここからは北海道銀行カードローン「ラピッド」の、審査に落ちる人の特徴を解説していきます。

信用情報に傷がついている

信用情報に傷がついている方は、北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査に落ちる可能性は高いです。

たとえば他社借り入れがあり、そちらの返済を延滞したことがある方は、審査で不利になるのでご注意ください。

各金融機関は信用情報機関に顧客情報を共有し、共有された情報を基に審査を行っています。

そのため金融機関への返済に延滞すると、延滞した記録は各金融機関に記録され、審査は不利になってしまうのです。

そのため他の銀行・消費者金融のカードローンを利用しており、返済の延滞をすると審査は不利になってしまうのでご注意ください。

信用情報の仕組みや審査に与える影響は、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

信用情報の仕組みとカードローン審査に与える影響を解説

3社以上の金融機関から借り入れがある

すでに3社以上の金融機関からの借り入れがある方も審査では不利になります。

借り入れ件数が多いと返済できなくなる可能性が高く、審査に落とされる可能性も高くなります。

また複数の金融機関から借り入れしているということは、1社からまとめて借りることができなかったことになり、他社の審査でも評価が低かったと判断されてしまいます。

そのため3社以上の他社借り入れがある方は、審査に通らないと考えておきましょう。

継続的に安定した収入がない

現在無職で継続的に安定した収入がない方は、北海道銀行の審査には通りません。

申し込み条件で明記されているように、現時点で継続的に安定した収入のある方でなければ融資は行っていないからです。

そのため転職中でお金がないという方も、北海道銀行のカードローンを利用するのは難しいでしょう。

融資が必要な方はアルバイトでもいいので、とにかく安定した収入源を確保してから申し込むようにしましょう。

過去に債務整理・自己破産をしたことがある

過去に債務整理や自己破産をしたことがある方も、北海道銀行の審査に通るのは難しいでしょう。

債務整理や自己破産をした場合、一定期間信用情報には事故情報が記録されます。

事故情報がある限り、北海道銀行など銀行系のカードローンの審査に通るのは難しいと考えてください。

銀行が加盟している信用情報機関では、債務整理や自己破産をした記録は10年間保存されることになっています。

そのため過去10年間に債務整理や自己破産をしたことがある方は、北海道銀行からの融資はあきらめた方がいいでしょう。

北海道銀行の他のローンを利用中である

北海道銀行ではカードローン「ラピッド」以外にも、フリーローンや住宅ローンなど様々なローン商品を用意しています。

そしてラピット以外の他のローンを利用している方は、新たに北海道銀行から融資を受けるのは難しいと考えた方がいいでしょう。

特にフリーローンはカードローンと非常によく似た商品なので、完済しないうちに追加融資を希望するのは、北海道銀行からの信用を失ってしまいます。

なお住宅ローンでは、返済に延滞などがなければ融資を受けられる可能性もありますが、返済できなければ住宅ローンも契約解除となるのでご注意ください。

申込情報と提出した書類の情報に相違がある

北海道銀行カードローン「ラピッド」に申し込む際に入力した情報と、提出した書類に記載されている情報に相違があれば、審査では不利になってしまいます。

特に引っ越したばかりの方は、現住所と書類に記載されている住所が違うケースが多いのでご注意ください。

故意ではないとわかる些細なミスであれば、訂正するだけで済むこともありますが、担当者からの信用を無くしてしまうのでご注意ください。

在籍確認が取れなかった

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査では在籍確認が行われますが、電話確認が取れなければ審査に落ちてしまうのでご注意ください。

在籍確認では本人が対応しなくても、代わりの社員から「○○は現在席を外しています」というように、在籍していることが確認さえできればいいですが、「○○という社員はいません」というように、在籍確認が取れなければ審査には通りません。

そのため万が一のことがないように、申し込んだあとは北海道銀行から電話があると、職場の人に伝えておくことをおすすめします。

またどうしても勤務先に電話をしてほしくない方は、あらかじめ担当者に理由を説明して相談するようにしましょう。

在籍確認を回避する方法はこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

カードローンの在籍確認は絶対必要?回避する方法はない?

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査に通るコツ

スーツのグッド

ここからは具体的に、北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査に通りやすくなるコツを紹介していきます。

審査が不安な方はこれを参考にして、審査に通りやすくなるように対策を練っておきましょう。

信用情報に問題がないようにする

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査に通りやすくするために年収を上げる努力をするというのは現実的ではありません。

今の年収よりも、実は過去の取引における振る舞いなどが重要なポイントとなります。

審査の際、北海道銀行の保証会社であるアコムは、信用情報を参照します。

その際に、過去において金融事故を起こしたことなどが分かると、その人に対して保証しにくくなります。

アコムに対して滞納などがあった場合も審査を通過することが難しくなります。

審査に通りやすくするためには、現在の借り入れも含めてしっかりと返済していくことが大事です。

他社借り入れ件数を減らす

信用情報には現在利用している金融機関の情報も記録されています。

そのため他社借入がある方は、審査の際にどの金融機関から、どれだけ借入があるのかすべて筒抜けなのです。

他社借り入れ件数が3件以上ある場合、統計的に返済できなくなる可能性が高いため、審査ではかなり不利になってしまいます。

現時点ですでに3社以上から借入があるという方は、一本化や借り換えローンを使って、他社借り入れを減らすところから始めましょう。

収入証明書を提出する

北海道カードローン「ラピッド」では、一定の限度額を超えるまで収入証明書なしで申し込むことができます。

しかし収入証明書を提出することで審査を有利にすることができるので、審査に通る確率を上げたい方は、なるべく収入証明書を提出することをおすすめします。

北海道銀行では、収入証明書もWEB上の専用ページにアップロードして提出できるので、わざわざ店頭窓口まで出向かずに書類提出を終わらせることができます。

申込情報はなるべく空欄を作らない

カードローンの審査では、申込情報を加点方式(属性スコアリング方式)で評価していきます。

たとえば年収が500万円を超えていれば3点、300万円~500万円であれば2点、300万円以下であれば1点という形で評価していきます。

そして項目ごとのすべての評価点を合計し、一定の基準を超えていれば申込情報の審査はクリアとなります。

そのため申込情報はなるべく空欄を作らずに、すべて埋めておいた方が審査は有利になります。

北海道銀行カードローンの連絡先入力画面

北海道銀行カードローンの申し込み画面でも、上記のように自宅電話と携帯電話を入力する項目があります。

携帯電話の番号だけでも申し込むことはできますが、携帯電話番号も入力しておいた方が属性審査では有利になるのです。

限度額を低めに設定して申し込む

カードローンの審査に通る確率を上げたいなら、希望限度額は低めにして申し込むようにしましょう。

たとえば友人同士でお金の貸し借りを行うとして、数百円程度であれば簡単に借りることはできますが、5万円貸してとなると、簡単に貸すことは出来ませんよね?

カードローンでも同じことで、希望限度額が高くなると貸付金も高額になる可能性が高いので、審査は慎重に行われることになります。

逆に10万円など低めの限度額であれば、貸し倒れが起きても損失は大きくないので、審査基準は甘くなるのです。

北海道銀行カードローン「ラピッド」では、最高800万円まで借りることができ、限度額が高くなるほど適用金利も引き下げられますが、審査に通りたいなら限度額はなるべくおさえておきましょう。

限度額の増額を考えている方はこちらの記事も参考にしてください。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の限度額を増額したい!どうすればいい?

前回審査に落ちた人は半年は時間を空ける

前回他社のカードローンへ申し込みをしており、審査に落ちてしまったという方は、最低でも半年は期間を空けて北海道銀行へ申し込むようにしましょう。

カードローンに申し込んだ記録は、信用情報に保管されているため、審査に落ちた記録も残されています。

他社の審査に落ちてしまった方に、融資を行う金融機関はなかなかありません。

カードローンの申込情報は半年経てば消えるようになっているので、前回他社のカードローン審査に落ちてしまった方は、最低でも半年は期間を空けて再申し込みするようにしましょう。

なお過去に北海道銀行カードローンへ申し込み、審査に落ちてしまった方は半年待っても審査に通らない可能性が高いです。

申込情報が消えるのはあくまで金融機関同士で共有する信用情報の話で、各金融機関が保管する顧客情報に保存期間は設けられていません。

半永久的に記録は残ってしまうので、前回よりも年収が増えたなどプラスの要因がなければ、審査に通るのは難しいでしょう。

北海道銀行カードローンの審査に落ちた人の対処法

ここからは北海道銀行カードローンの審査に落ちてしまった人の対処法について解説していきます。

別の銀行カードローンへ申し込む

お金を借りる必要があるのであれば、別の銀行カードローンへ申し込むことをおすすめします。

しかし北海道銀行カードローンと同様に、保証会社がアコムのカードローンへ申し込んでも、再度審査に落とされてしまう可能性があるのでご注意ください。

保証会社が同じであれば、審査基準も同様である可能性が高いので、再申し込みしても審査に落とされてしまう恐れがあります。

北海道銀行の審査に落ちて再申し込みするのであれば、保証会社がアコム以外のカードローンを利用するようにしましょう。

北海道銀行以外のカードローンはこちらのページで紹介しています。

銀行系カードローン

再申し込みは半年期間を空ける!

カードローンに申し込んだ記録は、信用情報に半年間記録されてしまいます。

申し込み情報だけ残っており、融資の記録がなければ審査に落ちたとばれてしまい、審査で不利になってしまうので、申し込み記録が消えるまで再申し込みは待っておきましょう。

また保証会社が同じアコムだった場合、社内記録で北海道銀行の審査に落ちたことが分かってしまうので、信用情報の面からも違う保証会社の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

消費者金融のカードローンへ申し込む

北海道銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は、消費者金融のカードローンへ申し込むのも一つの手段です。

銀行カードローンと比べて、消費者金融のカードローンは審査基準が甘いので、北海道銀行の審査に落ちてしまった方でも融資を受けられる可能性があります。

しかし消費者金融のカードローンは、審査が甘い分銀行よりも基準金利が高いので、借りすぎには注意しなければなりません。

消費者金融を利用するのは何となく不安という方は、こちらの記事で解説しているのでぜひ参考にしてください。

消費者金融とは?ヤミ金・銀行と何が違うの?

また審査の甘いカードローンの見分け方や、おすすめのカードローンはこちらの記事でまとめて紹介しています。

審査の甘いカードローンの見分け方!審査に通りやすくなる12のコツ

北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査の流れ

それでは北海道銀行カードローン「ラビッド」へ申し込んだ場合、どのように審査は進められていくのでしょうか。

ここからは初めてカードローンを利用する方にも分かりやすく、北海道銀行カードローン「ラピッド」の審査の流れを解説していきます。

北海道銀行公式サイトの「今すぐお申込み」を選択

北海道銀行公式サイトTOP

まずは北海道銀行カードローン「ラピッド」の公式サイトを開き、ページ上部にある「今すぐお申込み」を選択します。

すると北海道銀行の口座のあり・なしを訊かれるので、どちらかを選択してください。

※口座を持っていても持っていなくても、WEB完結でカードローンに申し込むことができます。

北海道銀行の口座あり・なし

ご確認事項を確認して「同意します」を選択

北海道銀行カードローン規約同意画面

次の画面では↑のように確認内容がそれぞれ表示されるので、内容を確認して「同意します」を選択します。

すると申し込みフォームが表示されるので、質問の答えを正確に入力していきましょう。

申し込みフォームの入力内容

北海道銀行カードローン申し込みフォーム

まずは勤務・主婦・年金のタブから、あなたの状況に適した勤務パターンを選択します。

※一度タブを選択すると後戻りできないので、正確に選択するようにしてください。

※パート・アルバイトで働いている主婦の方は「勤務」を選択してください。

「勤務」を選択した際の入力フォームは以下の通りです。

勤務を選んだ場合の申し込みフォーム

このように審査で必要な情報が表示されるので、正確に答えていきましょう。

申込フォームで入力する内容は以下の通りです。

  • お名前
  • 旧姓
  • 生年月日
  • 性別
  • 独身・既婚
  • 自宅電話
  • 携帯番号
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 住居種類
  • 家賃・住宅ローン
  • 入居年月
  • ご家族の人数
  • お子様の人数
  • 勤務先名
  • 勤務先郵便番号
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 入社年月
  • 業種
  • 職種
  • 所属
  • 社員数
  • 保険種類
  • 年収
  • 就航先有無
  • 勤務形態
  • 収入形態
  • 金融機関からの借入
  • 返済方法
  • 返済期日
  • メールアドレス
  • パスワード
  • どの広告を見て申し込んだか

メールにて審査結果の連絡

申込情報をすべて入力したあとは、北海道銀行と保証会社であるアコムが審査を行います。

審査の結果は申し込み時に登録したメールアドレス宛に送られるので、確認できるようにしておきましょう。

WEB口振受付サービス・書類提出

WEB口振受付サービス・書類提出の説明

審査が終わったあとは、本人確認書類を提出していきます。

北海道銀行カードローンの口座をすでに開設している方は、口座情報を入力することで本人確認を実施することができます。

本人確認書類を提出しなくていいいので、手軽に申し込みを終わらせることができおすすめです。

また北海道銀行の口座を持っていない方でも、本人確認資料をスマホで撮影し、専用ページにアップロードすることで、本人確認を終わらせることができます。

契約・カードローン受取

本人確認が終わった後は、契約内容を同意して契約手続きは完了です。

契約したあとは自宅へとローンカードが郵送され、自宅に届いたことが確認できればカードでの借り入れが可能となります。

※事故防止のため、本人の受け取り確認が終わってからしかカードは使えません。

また即日融資を希望する方は、午後1時までに申し込みを終わらせることで、当日午後4時までの振込融資が可能です。

※北海道銀行の口座を持っていなければ、即日融資を行うことはできません。

北海道銀行カードローンの審査に関するよくある質問

最後に北海道銀行カードローンの審査に関するよくある質問と答えを紹介していきます。

ここまで記事を読んで、解決されていない問題がある方はぜひ参考にしてください。

専業主婦でも審査に通る?

北海道銀行カードローンでは自身に収入のない専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば審査に通ることができます。

カードローンの申し込み画面で、主婦のタブが表示されるので、他のタブと間違えないように選択してください。

※タブを間違えた場合は、一度ページを閉じて再度申し込み手続きを行ってください。

北海道銀行カードローン主婦申し込み画面

専業主婦の方の場合、配偶者の勤務先や電話番号を登録する必要もないので、夫の会社に確認の電話がいくこともありません。

夫には内緒でお金を借りたいという方にも、北海道銀行カードローンのWEB申し込みはおすすめです。

ただし専業主婦の方の場合、限度額は50万円程度が上限となっています。

北海道銀行以外のカードローンに興味のある方は、こちらのページで専業主婦におすすめのカードローンを紹介しています。

専業主婦におすすめのカードローン!夫に内緒で審査に通るコツ

年金受給者でも審査に通る?

北海道銀行カードローンでは年金受給者の方でも、年齢が75歳未満であれば利用できます。

専業主婦の方と同様に、「年金」と書かれた専用のタブが用意されているので、間違えないように選択して下さい。

北海道銀行カードローン年金受給者申し込み画面

申し込みでは年金受給資格取得年月と、年間受給額を登録しなければならないので、正確に入力するようにしましょう。

ただし北海道銀行カードローンは、年齢が75歳を超えた時点で、あらたに借入できなくなるので上限年齢にはご注意ください。

限度額を増額するにはどうすればいい?

北海道銀行カードローンの限度額を増額するには、まずはフリーダイヤルに電話をかけて、増額可能か確かめてみてください。

あなたの年収や他社借り入れ状況によって、増額申し込みに対応できないケースもあるので覚悟しておきましょう。

また限度額を増額する際には、新たに増額審査を受けなければならないので、審査が不安な方は事前に対策を練っておきましょう。

北海道銀行カードローンの限度額を増額する方法は、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

北海道銀行カードローン「ラピッド」の限度額を増額したい!どうすればいい?

総量規制の対象となりますか?

北海道銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、年収の1/3以上借り入れることも可能です。

総量規制とは貸金業法によって定められた過剰な貸付を制限するための規制で、年収の1/3を超える融資が禁じられています。

しかし北海道銀行は貸金業法ではなく銀行法を基準に運営しているので、総量規制の対処とはならないのです。

しかし総量規制の対象外であっても、年収の1/3以上借りるのは一定の年収と信用実績が必要となります。

総量規制に関しては、こちらのページでさらに詳しくまとめているのでぜひ参考にしてください。

総量規制の対象となるカードローンと対象外となるカードローンの違い

まとめ

北海道銀行カードローン「ラピッド」は銀行カードローンですが、ちまたで考えられているように審査が特に厳しいわけではありません。審査に通りやすくなる方法は、信用情報に影響を与えるようなことをしない、そして申し込みの際には確実に、そして正確に情報を記入することです。

2024年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031