北海道銀行カードローンの審査研究ネット

北海道銀行のカードローンやその他の各種ローン商品について調査しました。また、北海道銀行を利用した方の体験談も紹介しています。

北海道銀行の選べる定期預金

time 2017/04/10

北海道銀行の選べる定期預金

定期預金は一定の期間を過ぎてから引き出せるタイプの預金で、普通預金に比べて金利が高めなのが特徴です。当分動かす予定のない資金を預けておくのに向いています。

※本ページにはPRが含まれます。

定期預金について

定期預金は金利が高いですが、普通預金と違って自由に引き出すことができません。

どうしても引き出したい場合には中途解約することになります。ただし、解約するとペナルティで金利が大幅に下がってしまうので注意しましょう。

預入期間は短くて1ヶ月、長いところでは10年というケースもあります。基本的に期間が長いほど金利は高くなります。預入金額が1000万円以上など高額になると大口定期と呼ばれ、金利もそれだけ高くなります。

金利タイプには最後まで一定の固定金利と、半年ごとに金利を見直す変動金利があります。利息については、1ヶ月以上3年未満は元本だけに利息がつく単利型がほとんどで、3年以上なら元本と利息の両方に利息がつく半年福利型もあります。

定期預金のメリット

定期預金のメリットは金利が普通預金に比べると高めなのでお金を増やしやすいことです。

外貨預金や投資などを行えばもっと金額を増やせる可能性もありますが、元本割れを起こすリスクがあります。

その点定期預金なら1000万円までは銀行が破綻したとしても、預金保険機構で保証してくれます。リスクが心配な人でも安心して行える点で定期預金は優れています。

定期預金のデメリット

定期預金をする一番のメリットは高い利息がつくことですが、残念ながら現在の金利は低めになっています。

普通預金の0.02%と比べれば高いですが、定期預金も0.025%ほどであることが多いようです。しかし、日本の金利はこれから上がっていくと予想されているので将来的には金利が高くなる可能性もあります。

また、長期のプランにしたり、預け入れる金額を高くしたりすることでも利息を増やすことが可能です。

ネットバンクと比べて

ネットバンクも金利が高いことで有名で、中には金利0.3%以上のところもあります。

代表的なものに、イオン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行などがあります。インターネット専門の銀行は、実店舗がある普通の銀行に比べて運営コストを安く抑えられるため、金利が高めに手数料は安く設定されているのです。

しかし、ネットバンクにはIDやパスワードを忘れてしまうと自分の口座にアクセスできなくなったり、第三者にお金を盗まれる詐欺が起こっていたりと不安な面もあります。

北海道銀行の定期預金には種類がたくさん

北海道銀行で定期預金をする際にはさまざまなプランがあります。どんなお金を預け入れるのかに合わせて選んでみましょう。

自由金利型定期預金・M型

自由金利型定期預金・M型(道銀スーパー定期)は、いつでも手軽に始めることができるプランです。

法人または個人を対象にしており、個人向けなら3年以上5年以下のものは半年複利になります。また、1年経過した後は必要な分だけ一部解約できる「一部支払機能サービス」もあります。

自由金利型定期預金

自由金利型定期預金は、満期を迎えた定期預金や退職金、保険金などのまとまった資金を活用するのに便利なプランです。1000万円以上から預け入れることができます。

変動金利定期預金

変動金利定期預金は、預入日から半年ごとに市場金利に沿って金利が見直されるタイプの定期預金です。個人向けで、3年のものは半年複利でお得に利用できます。

新型期日指定定期預金

新型期日指定定期預金は1年複利で大きく増える定期預金です。1年経った後は必要な額を引き出すことも可能です。

道銀年金定期預金

道銀年金定期預金は、北海道銀行に年金をしてしている人に向けたプランです。金利を上乗せしてお得に運用することができます。

リスクの少ない定期預金

定期預金は若干金利が高いため、当分動かす予定のない資産を預けておくのにちょうどいい預金方法です。

そこまで高金利ではない代わりに、1000万円までは元本を保証してくれるのでリスクを抑えた人に向いています。途中解約した場合でも、つくはずだった利息がつかなくなるだけで損することはありません。ぜひ普通預金と合わせて使ってみましょう。

2024年6月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930