北海道銀行カードローンの審査研究ネット

北海道銀行のカードローンやその他の各種ローン商品について調査しました。また、北海道銀行を利用した方の体験談も紹介しています。

新生銀行カードローン「レイク」の金利・審査・会社情報

time 2017/04/28

新生銀行カードローン「レイク」の金利・審査・会社情報

新生銀行カードローンのレイクは、元々消費者金融として運営していましたが、2011年からは新生銀行のカードローン商品へと生まれ変わりました。

最大180日間の無利息期間サービスや、最短30分の即日融資など、他の銀行カードローンにはないサービスが特徴です。

全国に自動契約機も設置されているので、今すぐ現金が必要な方にもおすすめ。

この記事では新生銀行のレイクってどんなカードローン?

という方のために、レイクの詳細情報や会社情報をまとめて紹介しています。

新生銀行カードローンレイク-200-200-20160930

※本ページにはPRが含まれます。

新生銀行カードローン「レイク」の基本スペック

契約極度額(限度額) 500万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
遅延損害金 20.0%
貸し付け条件
  • 満20歳から70歳の方
  • 国内に居住する方
返済日 契約時に設定
返済方法
  • 口座振替
  • ATM返済
  • WEB返済
  • レイクATM
  • 銀行振込
担保・保証人 不要
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
総量規制 対象外

新生銀行カードローン「レイク」の金利・利息

・金利は4.5%~18.0%と消費者金融並みに高め
・借入額5万円以内であれば最大180日間の無利息期間を用意
・今なら最大1万円の利息キャッシュバックキャンペーン中

金利は4.5%~18.0%と消費者金融並みに高め

業者名 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

新生銀行カードローン「レイク」の金利は、年率4.5%~18.0%と銀行カードローンの中ではかなり高めです。

消費者金融と変わらない金利で貸し付けを行っているので、多額の融資を受けたい方や、返済が長期化する方には向いていません。

少額キャッシングを急いで借りたい方や、低金利のカードローンでは審査に通らない人におすすめです。

借入額5万円以内であれば最大180日間の無利息期間を用意

レイクを初めて利用する方であれば、借入額5万円以内であれば、最大180日間利息が発生しない無利息期間サービスが適用されます。

5万円借りたとしても、毎月1万円ずつ返済していけば利息は0円で済むというわけです。

また借入額が5万円を超えた場合でも、30日間無利息となるので、早期に完済できるのであればレイクは最適です。

今なら最大1万円の利息キャッシュバックキャンペーン中

新生銀行カードローン「レイク」では、2017年の2月から5月末まで、最大1万円の利息キャッシュバックキャンペーンを行っています。

利息が1万円分返ってくれば、多少金利が高くてもレイクを利用した方がお得なケースが多いです。

※借入額が高額の場合、低金利のカードローンの方がお得になることもあります。

キャンペーン期間中に申し込み・契約した方であれば適用されるので、早めに申し込みを済ませておきましょう。

レイクの審査基準・時間

  • レイクの審査は最短30分と消費者金融並みに早い
  • パート・アルバイト・専業主婦でも利用可能
  • ネット申し込みでも当日中にカード発行が可能

レイクの審査は最短30分と消費者金融並みに早い

レイクでは申し込みから最短30分で審査結果を回答しています。

消費者金融時代から、個人向け無担保ローン審査のノウハウを蓄積しているので、銀行カードローンの中では審査時間は最短です。

とにかく急いでお金が必要というときは、レイクへ申し込むといいでしょう。

また平日の14:00までに必要書類の提出が終われば、即日振込での融資も可能です。

パート・アルバイト・専業主婦でも利用可能

新生銀行カードローンのレイクは、パート・アルバイトの方でも、毎月給与を貰っている方であれば融資が可能です。

どれくらい収入があるかというよりも、どれくらい収入が安定しているかということが審査では重要視されるからです。

また専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば審査には通ります。

自分に収入がないから審査に通らないかもと不安に思っている方は、新生銀行カードローンのレイクを検討してみるといいでしょう。

ネット申し込みでも当日中にカード発行が可能

レイクではネット申し込みでも、当日中にカード発行を済ませることができます。

審査に通ったあとは、自動契約機を使ってローンカードを発行できるからです。

そのため15:00を過ぎてしまって、当日中に振り込み融資が反映されない状況になっても、自動契約機でカードを発行して即日融資を受けることができます。

自動契約機は土日でも夕方以降でも営業しているので、どうしても当日中に借り入れしたいときには、自動契約機でカードを発行しましょう。

レイクの返済日・返済額・返済方法

  • 契約時に毎月の返済日を指定できる
  • 毎月の返済額
  • 返済日が近くなればメールでお知らせ

契約時に毎月の返済日を指定できる

レイクでは契約時に毎月の返済日を指定することができます。

好きなタイミングで返済日を設定できるので、給与を貰うのが月初めの方でも月末の方でも安心です。

また初回の借り入れ時には、返済日まで14日以内であれば直近の返済日ではなく、次回の返済日から1回目の返済が始まります。

返済日まで14日以上開いていれば、直近の返済日から返済は始まるのでご注意ください。

レイクの返済方法は以下の5種類です。

返済方法 手数料 土日
口座振替 無料 ×
レイクATM 無料
提携ATM 有料
WEB返済 無料
銀行振込 有料 ×

毎月の返済額

新生銀行カードローン「レイク」の毎月の返済額は以下の通り変動します。

借入残高 毎月の返済額
~10万円 3000円
10万円~20万円 5000円
20万円~30万円 7000円
30万円~40万円 9000円
40万円~50万円 12,000円
50万円~60万円 15,000円
60万円~70万円 18,000円
70万円~80万円 20,000円
80万円~90万円 23,000円
90万円~99万円 25,000円

借入残高ごとに毎月の返済額が変動する「残高スライドリボルビング方式」が採用されているので、借りすぎないようにしましょう。

返済日が近くなればメールでお知らせ

レイクでは返済日が近くなれば、メールで返済日をお知らせしています。

口座振替でなくATMで毎月返済している方は、返済日を忘れないようにメールをチェックしておきましょう。

返済日に遅れると、日割りで遅延損害金が発生しておくのでお気を付けください。

レイクは2011年から銀行カードローンへ!

レイクは元々新生フィナンシャルが運営していた消費者金融でした。

しかし2011年に新生銀行が自社ブランドのカードローン商品として展開することを発表。

消費者金融から銀行カードローンへと生まれ変わりました。

消費者金融であれば貸金業法の対象となるので、総量規制やTVCMへの出向が規制されていました。

しかし銀行法では規制が緩和されるので、より自由に営業できるようになったのです。

またそれに伴い、これまで消費者金融のレイクを利用していた人たちも、2011年からは新生銀行のカードローン「レイク」へと契約が引き継がれています。

新生銀行カードローン「レイク」を利用した人たちの口コミ

最後にレイクを実際に利用した人たちの口コミを解説していきます。

利息0円で返済できたHさん

年齢 27歳
性別 女性
職業 契約社員
年収 280万円
希望限度額 20万円
実際の限度額 40万円

レイクを利用していたのは3カ月でしたが、利息は1円も発生しませんでした。3万円借りていましたが、毎月1万円返済するだけでOKだったので助かりました。タダで分割払いができる裏技みたいな感じですよね。おかげで欲しかったバッグも買えたし良かったです。

日曜日でも即日融資を受けられたWさん

年齢 34歳
性別 男性
職業 会社員
年収 440万円
希望限度額 10万円
実際の限度額 20万円

日曜日なんで即日融資は無理だと思っていましたが、自動契約機でカード発行すれば即日融資を受けることができました。夕方でも営業していたので、お金に困っている人にはすごく親切でしたね。何とか彼女とのデートで恥をかかずに済んだので良かったです。

2024年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031