北海道銀行カードローンの審査研究ネット

北海道銀行のカードローンやその他の各種ローン商品について調査しました。また、北海道銀行を利用した方の体験談も紹介しています。

カードローン会社からの郵送物には会社名が記載されますか?

time 2017/04/13

カードローン会社からの郵送物には会社名が記載されますか?

郵送物に会社名を明記するかどうかは、金融機関によって対応はそれぞれです。

消費者金融であれば一目では分からないように配慮してくれる業者が多いですが、銀行カードローンであれば基本的に郵送物は銀行名で送られます。

中身を見られなければカードローン関係の書類とはわかりませんが、突然銀行から郵送物が届けば家族に怪しまれるかもしれません。

そこでこの記事では、主要なカードローン会社の郵送方法をご紹介。家族に内緒でカードローンを利用したい方のために、自宅への郵送物を届かなくするコツも紹介していきます。

※本ページにはPRが含まれます。

アコム

自動契約機 対応
カードレス 未対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 ACサービスセンター

アコムからの郵送物は基本的に「ACサービスセンター」の名前で届きます。

ACサービスセンターは、アコムカスタマーサービスセンターを意味しており、一目でアコムからの郵送物とばれることはありません。

ただしネットで検索されると、アコムであることはばれてしまうので、家族に内緒で利用したい方は郵送物が送られないように対処した方がいいでしょう。

プロミス

自動契約機 対応
カードレス 対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 事務センター

プロミスでは提携ATMを利用した際や、振り込みキャッシングを利用した際などに、自宅へ郵送物が送られてくる可能性があります。

ただしプロミスの場合、「事務センター」名義で郵送物が送られるので、金融機関からの郵送物であることも気づかれにくいです。

またWEB明細サービスもあるので、自宅への郵送物なしでカードローンを利用できます。

アイフル

自動契約機 対応
カードレス 未対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 社名なし

アイフルからの郵送物は、会社名の入っていない封筒やはがきで送られます。公式サイトで回答されているので安心です。

アイフルではローンカードを郵送で受け取る際、配達時間を自由に選ぶことができます。

自分が受け取れる時間を選べば、家族に怪しまれることなくカードを受け取ることができるのでおすすめです。

また一部の提携ATMを利用すると、自宅へ明細書が郵送される可能性があるので注意しましょう。

モビット

自動契約機 対応
カードレス 対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 MCセンター

モビットの郵送物はアコムと同様に「MCセンター」名義で届きます。モビットの社名やロゴが記入されることはないので、家族に怪しまれる危険性は少ないでしょう。

またモビットではWEB完結申し込みもあるので、郵送物や電話連絡一切なしで契約することも可能です。

家族に内緒でカードローンを利用したい方にはおすすめの消費者金融です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

自動契約機 対応
カードレス 未対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」からの郵送物は、すべて三菱東京UFJ銀行名義で届きます。

わざわざバンクイックやカードローンといった文言は表記されないので、家族に見られたとしても借金をしていると怪しまれることはないでしょう。

またバンクイックであれば、テレビ窓口で契約とカード発行を済ませることができるので、郵送物なしで利用することができます。

三井住友銀行カードローン

自動契約機 対応
カードレス 対応
WEB明細確認 対応
郵送物の名義名 三井住友銀行

三井住友銀行カードローンでも、郵便物の名義は三井住友銀行が使われます。

三井住友銀行カードローンでは、WEB完結でカードレス申し込みもあるので、ローンカードが自宅へ送られることもありません。

ただし提携ATMによっては明細書が後日郵送されるので、心配な方はWEB明細サービスを利用しましょう。

自宅へ郵送物が送られないようにするには?

ここからは自宅へ郵送物が送られないようにするための対処法を紹介していきます。

自動契約機のあるカードローンを利用する

自動契約機のあるカードローンであれば、その場で契約とカード発行を終わらせることができます。

そのため後日、自宅へローンカードや契約書が郵送されることはありません。

基本的に契約手続きさえ終わってしまえれば、あとはカードローン会社から郵送が送られることはありません。

家族に内緒でカードローンを利用したいのであれば、自動契約機のある金融機関を利用することをおすすめします。

利用明細はWEB上で確認する

カードローンの中には、借り入れや返済をするたびに自宅へ利用明細が郵送される業者もあります。

しかし何度も金融機関から郵便が来ていると、どうしても家族には怪しまれてしまいます。

そのためWEB上で利用明細を確認できる、WEB明細サービスに対応しているカードローンを利用するようにしましょう。

返済は絶対延滞しないようにする

カードローンでは返済を延滞してしまうと、自宅へ催促状が送られてしまいます。

また電話での取り立ても行われるので、周囲に借金がばれるリスクは非常に高くなります。

そのため周囲に内緒でカードローンを利用しているのであれば、絶対に延滞しないように注意しましょう。

また万が一返済が間に合わないときは、必ず事前にカードローン会社へ相談しておくようにしましょう。

事前に相談しておけば、催促状の郵送や電話での取り立てを防ぐこともできます。

まとめ

カードローンでは第三者に借金がばれないように、各金融機関が最大限の配慮をしてくれています。

しかし返済を延滞したり、郵送で申し込んだりすると、自宅へ郵送物が送られてしまうので要注意です。

周囲に借金を隠し通したいのであれば、自動契約機やWEB完結で契約できるカードローンを利用して、明細書もWEB上で確認できるようにしておきましょう。

2024年6月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930