北海道銀行カードローンの審査研究ネット

北海道銀行のカードローンやその他の各種ローン商品について調査しました。また、北海道銀行を利用した方の体験談も紹介しています。

収入証明書不要のカードローンと必要になる条件をまとめてみた

time 2017/03/29

収入証明書不要のカードローンと必要になる条件をまとめてみた

カードローンでは一定の借入限度額を超えると、収入証明書の提出が求められます。

しかし急いで融資を受けたい方にとって、収入証明書をわざわざ用意するのは面倒なものです。

そこでこの記事では、収入証明書が必要となる借入限度額の設定が高いカードローンを、一挙に紹介していきます。

急いで即日融資を受けたい方などは、これから紹介する収入証明書不要のカードローンがおすすめです。

※本ページにはPRが含まれます。

収入証明書不要のおすすめカードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.5%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(限度額300万円から)
申し込み方法
  • インターネット
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口
  • ネットバンキング
遅延損害金 19.94%

三井住友銀行カードローンでは、限度額300万円まで収入証明書不要です。三井住友銀行の口座とキャッシュカードを持っている方であれば、WEB完結でカードローンを利用することができます。最も手軽に利用できる銀行カードローンの一つです。

オリックス銀行カードローン

金利 1.7%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(限度額300万円から)
申し込み方法
  • インターネット
遅延損害金 20.0%

オリックス銀行カードローンは大口融資に強く、最大800万円まで融資を行っています。身分証明書だけで300万円まで借りることができるので、まとまった資金が必要なときにも助かります。書類提出はWEB上へのアップロードで終わらせることができるので、必要になった時でも簡単に提出できます。

住信SBIネット銀行カードローン(プレミアコース)

金利 0.99%~7.99%
限度額 1200万円
審査時間 最短即日
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(限度額300万円から)
申し込み方法
  • インターネット
遅延損害金 14.0%

住信SBIネット銀行カードローンは最大1200万円まで、収入証明書不要で300万円まで融資を受けることができます。プレミアムコースであれば下限金利も0.99%と非常に低いので、高額融資におすすめの銀行カードローンです。

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(限度額300万円から)
申し込み方法
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
遅延損害金 14.0%

楽天銀行カードローンでは、専業主婦の方でも収入証明書不要で融資を受けることができます。契約するだけで楽天ポイントを大量にゲットできるので、楽天会員の方にはおすすめのカードローンです。ただし個人事業主の方は収入証明書が必須なのでご注意ください。

収入証明書とは?

収入証明書とは勤務先や役所が発行する収入を証明する書類です。

カードローンだけでなく金融機関のローン審査では、年収を正確に把握するために収入証明書の提出が求められることがあります。

ここからは金融機関が認める収入証明書の取得方法など解説していきます。

源泉徴収票

源泉徴収票には年収が書かれているので、収入証明書として認められます。

会社に勤めている方であれば年末に給与明細と一緒に配られるケースが多いです。

年に一回しか配られないので、今後のためにも保管しておくことをおすすめします。

また紛失した場合でも、勤務先に頼めば再発行することができます。

給与明細

給与明細が収入証明書として認められるかどうかは、金融機関によって判断が異なります。

給与明細を提出する際には必ず直近のものを用意するようにしましょう。

業者によっては1カ月分だけでなく、2~3カ月分の給与明細が必要になることもあるので、申し込む前に確認しておきましょう。

課税証明書

課税証明書とは年間でいくら住民税など支払ったか記載されたもので、年収も証明することができます。

役所の窓口に行けば発行することができますが、住民税を支払っている自治体の役所でなければ発行できないのでご注意を。

また課税証明書を発行する際には。運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

消費者金融は50万円から収入証明書が必要

銀行カードローンでは200万円~300万円まで収入証明書不要なところが多いですが、消費者金融では基本的に限度額50万円を超えると収入証明書が必要です。

消費者金融は貸金業法で定められた総量規制によって、年収の1/3を超える貸付は制限されています。そのため50万円以上の融資を行う際には、年収を確認することが義務付けられているのです。

また1社で50万円を超えなくても、他社借り入れ含めて100万円を超えると収入証明書が必要となるので、該当する方はあらかじめ用意しておきましょう。

他社借り入れがある場合は少額でも必要

消費者金融でなくても他社借り入れがあれば、収入証明書の提出が求められる可能性が高いです。

借り入れ先が増えればその分返済リスクは高くなるので、正確に年収を把握しておきたいからです。

特に年収の1/3近く他社借り入れがある方は、あらかじめ収入証明書を用意しておいた方が、申し込みはスムーズに進むでしょう。

また他社借り入れの借り換えやおまとめを検討している方も、収入証明書は必要となるので用意しておきましょう。

これからのカードローンは収入証明書が必須に?

近年では銀行カードローンの貸付残高が増え続けたことにより、数年ぶりに多重債務者の数が増えるなど、カードローンの過剰貸付が問題視されつつあります。

2017年からは銀行側が自主規制を進める動きもあり、今後は銀行カードローンでも総量規制のような制度が生まれるかもしれません。

カードローンの申し込みでも収入証明書が必須になる可能性があるので、申し込む前に必要書類の確認を忘れないようにしましょう。

収入証明書が必要となるケース

最後にここまで紹介した以外に、収入証明書が必要となるケースを紹介していきます。

限度額を増額する場合

利用期間中にカードローンの限度額を増額する際には、収入証明書の提出が求められるケースがあります。

自動契約機のあるカードローンであればその場で必要書類を提出でき、WEBアップロードに対応していれば、スマホ一台で簡単に書類提出を済ませることができます。

カードローンの限度額を増額する方法はこちらの記事でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

前回の提出から一定期間経った場合

申し込み時に収入証明書を提出した方でも、一定期間経てば再度書類提出が求められます。

申し込んだときから、年収が減っていないか確認するためです。

メールや電話などで書類提出が求められますが、無視し続けていると契約が解除される可能性もあるのでご注意ください。

利用期間中に転職した場合なども、登録情報を修正して収入証明書を提出するようにしましょう。

審査が不安な場合

カードローンの審査に通るか不安な方は、収入証明書を提出しておくことをおすすめします。

収入証明書を提出することで業者からの信頼を得ることができ、審査を有利に進めることができます。

カードローン審査の合否は担当者が決める部分が大きいので、信頼を得ることはとても大切なのです。

その他、カードローンの審査に通りやすくなるコツはこちらの記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。
審査の甘いカードローンの見分け方!審査に通りやすくなる12のコツ

2024年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031